残業代が支払われないなら

残業代をもらっていない、最近そんな人がすごく増えてきているのです。

 

サービス残業という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

サービス残業とはその名前の通り、サービス残業を行っていることです。

 

つまり、残業の賃金をもらうことができないのです。

 

残業といえども、働いていることに変わりはありませんよね。

 

それなのに賃金が支払われないなんて、本当におかしなことです。

 

働いているのに賃金をもらえない、これは立派な法律違反にあたります。

 

立派な法律違反に当たるというのに、世間では残業代未払いが横行しているのです。

 

なぜ法律違反だと言うのに残業代未払をする所が多いのでしょうか。

 

不景気が続いていて、会社の経営が圧迫されていることが増えてきています。

 

会社の経営が圧迫されると、その影響が社員にまでおよんでしまうのです。

 

残業代を支払わないことで、会社側雇用賃金を少しでも節約したいと考えるのです。

 

会社側にしてみれば節約になるかもしれませんが、社員からすれば本当に迷惑な話ですし生活にも大きく関わってくることです。

 

新人社員は、会社の中でも立場が弱くなってしまいますよね。

 

新人社員は、サービス残業させられることがすごく多いのです。

 

また、会社の中で役職の低い社員も、サービス残業を押し付けられることが多くなってきています。

 

弱いものに対して、残業代を支払わない会社はとても卑怯ではないでしょうか。

 

社員側も会社の圧力により、残業代を支払って欲しいとなかなか言えないような現状になっているのです。

 

しかし、残業代は支払われなければならない賃金なのです。

 

 

未払の残業代は請求しよう

 

サービス残業を自ら行う社員もいます。

 

しかし毎日毎日サービス残業を自ら行うなんてできませんよね。

 

サービス残業は、会社側から押し付けられることが多いです。

 

しかも、立場の弱い社員をねらってサービス残業を押し付けられ、賃金の未払が発生するのです。

 

残業代を支払わないと言うのは、労働基準法に違反しています。

 

それなのに、堂々と残業代未払いを行っている会社が多いのです。

 

未払の残業代は請求することができます。

 

法律でそう決まっているのですから、サービス残業を無理やりやらされていて残業代をもらっていない社員は、積極的に未払の残業代を請求してみてはどうでしょうか。

 

未払残業代を請求することにより、今までもらえなかった賃金をもらうことができます。

 

誰だってお金のために働いていますよね。

 

それなのにお金がもらえないなんて、働いている意味がなくなってしまいます。

 

お金をもらえるからこそ、仕事をする上で頑張って行こうという気持ちになりますし、モチベーションが上がるのです。

 

残業代をもらうことで、会社に対してももっと貢献していこうという気持ちになりますよね。

 

仕事も積極的にこなせるようになり、会社側としても良い社員を確保できることに繋がるのです。

 

良い社員を作りたいと考えているのであれば、会社側は社員のことをきちんと考えていかなければなりません。

 

会社の経営がどれだけ圧迫しているような場合でも、残業代の未払を行ってしまうと社員からの信用はなくなってしまいますし、もらうものがもらえなければ会社への愛情もなくなってしまいます。